ふわっとした口当たり、ほど良い口どけ、そしてしっとりと口の中いっぱいに広がるさわやかな甘さ。この独特の食感は、地元、北海道の自然にめぐまれた最高の食材でなければ実現できませんでした。伝統に培われた配合とともに、独自の製法で独自の釜で一層一層じっくりと時間をかけて焼き上げます。手間ヒマかけたおいしさへのこだわりと、お菓子づくりの職人としての意気を、ぜひご賞味ください。
私たちのこだわりのひとつに、“食感“があります。口どけの良さ、適度なモチモチ感、風味など、あらゆる産地の小麦粉で試作し、ようやく辿り着いた北海道産の小麦。生地のほどよいふくらみとしっとり感をを出すために、必要な小麦粉です。
私たちが使用している北海道産のクリームは、北海道の広い大地で育った健康な牛から絞られたミルクを原材料としたクリームです。あえて脂肪の均一化をはかっていない生クリームには、本来のまろやかさに加え、コクがあるけどしつこくない、生クリーム本来のおいしさが凝縮されています。
見た目のおいしさにも手は抜かない。長時間の加熱でも風味が変わらない、北海道産のたまごです。そんなたまごでなければ、バウムクーヘンの美味しさはもとより、見た目にもふんわりと美味しそうなたまご色は出せませんでした。
厳選された材料ひとつひとつを融和させる水にも私たちはこだわります。「名水百選」にも選ばれている京極町・噴き出し湧き水は、ミネラル分をたっぷり含んだ天然水。清涼なおいしさの秘訣は、ここにあります。
バウムクーヘン「妖精の森」は、昔ながらの樫の木の心棒に紙を巻き、職人がつきっきりで1本1本焼き具合や生地の厚み、焼きあげる温度まで調整しながら焼き上げています。北菓楼独自の窯で一層一層時間をかけて丁寧にじっくりと焼き上げるからこそ、日本一のしっとりバウムクーヘンとも呼ばれる程のしっとり感が生まれてくるのです。焼きあがってからも、一定の温度で一晩寝かせて熟成させ、よりしっとり感を出していき、お店に並ぶ頃には“日本一のしっとりバウムクーヘン”とも呼ばれる、ふわふわしっとりのバウムクーヘンが出来上がります。厳選された材料とともに、それを最大限に生かす匠の技が、バウムクーヘン「妖精の森」の美味しさの秘訣です。
バウムクーヘン「妖精の森」のページへ
・ テレビ朝日/「いきなり!黄金伝説」、「SmaSTATION!!」
・ NHK/「ゆうどきネットワーク」
・ 日本テレビ/「ズームイン!!サタデー」
・ イチオシ!、どさんこワイド、他
・ 「第62代横綱大乃国の全国スイーツ巡業」
・ 「全国おいしいケーキ屋さんのお菓子お取り寄せガイド」
・ 「AQUA5」(宝塚歌劇団雪組 男役スターユニット)
Mart、Saita、じゃらん、るるぶ、日経トレンディ、ゼクシィ、ポロコ、北海道ウォーカー、他