【重要】配送について(離島など、一部地域のお届け日時ご指定)

店舗案内

北菓楼 札幌本館

Concept

ロゴ

大正15年、行啓記念北海道庁立図書館として建てられてから約一世紀。図書館として、美術館として札幌の人々に親しまれてきた建物が、2016年3月、世界的な建築家安藤忠雄氏のデザインにより「北菓楼札幌本館」として生まれ変わりました。テーマは「サロン」。かつて文化・芸術の発信地であったこの場所は、北海道の新しいサロンとして、お菓子で、文化で、交流で、お客様の笑顔が溢れるお店を目指します。

Topics [ 北菓楼札幌本館からのお知らせ ]
フロアご案内
【1階】北菓楼ショップ、旧玄関ホール、ミギシ・サテライト

北菓楼札幌本館では北菓楼の和菓子、洋菓子、生菓子などほぼ全ての商品を取り揃えており、札幌本館限定商品もご用意致しております。歴史を感じるレンガの壁とインテリジェントモダンなデザインが融合した空間で、ゆっくりとお買い物をお楽しみ頂けます。また当館がかつて「北海道立三岸好太郎美術館」であったことから「ミギシ・サテライト」を設置。札幌出身の洋画家、三岸好太郎(1903-1934)の貴重な作品を展示しております。(北海道立三岸好太郎美術館が所蔵する作品、季節ごとに展示作品が替わります)「旧玄関ホール」は大正15年に当館が建った当時のままの姿を残しており、記念撮影スポットとしても人気です。

  • 1Fショップ内観
    1F ショップ内観
  • 旧玄関ホール
    旧玄関ホール
  • ミギシ・サテライト
    ミギシ・サテライト
札幌本館 限定商品
  • クラシックショコラ 夢がさね イメージ
    クラシックショコラ
    夢がさね 972円(税込)
    ヨーロッパの伝統菓子をベースに、しっとりとした食感と濃厚なチョコレートを愉しむ大人のケーキに仕上げました。ベルギーのチョコレートにこだわり、フルーティなアプリコットジャムがアクセントになっています。
  • 北海道廳立図書館 イメージ
    チョコサンドクッキー
    北海道廳立図書館 1,080円(税込)
    北海道初の本格的な道庁立図書館という由来を込めた、北菓楼札幌本館のオリジナルクッキー。濃厚なキャラメルソース入りのチョコレートを、香ばしいラング・ド・シャクッキーでサンドしてお召し上がりいただきます。
  • 数量限定 夢句路輪賛 イメージ
    [数量限定] クロワッサンシュー
    夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)1個 180円(税込)
    シュークリームにこだわる北菓楼からパン&シューの新提案。道産小麦を使ったサクサクのクロワッサン生地の中に、特製のカスタードクリームをたっぷり。焼き上がり時間を決めて、出来たてをご提供します。
  • 北一条通物語 イメージ
    キャラメルサンドクッキー
    北一条通り物語 760円(税込)
    濃厚なキャラメルクリームとフレッシュなレーズンをしっとりとした厚焼きのクッキーでサンドしました。ひと口ごとに豊かな気分が広がります。西洋の技術や文化を迎え、活気に満ちた開拓期の札幌と、その中心となった北一条通りに想いを馳せて。お土産におすすめです。
北菓楼代表商品
【2階】北菓楼カフェ、北菓楼ライブラリー、メモリアルルーム

解放感のある吹き抜けのカフェではランチやスイーツをお楽しみ頂けます。かつて図書館であった歴史を継承し、東西の両壁面には天井まで届く本棚に約6,000冊の本が並びます。(カフェご利用のお客様はご自由にお読み頂けます)このカフェでは「北菓楼の夕べ」と題し、不定期でコンサートなどのイベントも開催しております。カフェ奥の「メモリアルルーム」では、建物の歴史を写真や資料、展示物等でご覧いただけます。

  • 2F カフェ2F カフェ
  • 本棚2F 本棚
  • メモリアルルーム2F メモリアルルーム

カフェメニュー

  • 北菓楼自慢のオムライス
    北菓楼自慢のオムライス
    ¥750(税込)
  • キッシュ
    キッシュ
    ¥680(税込)
  • 野付の帆立のスパゲティ
    野付の帆立のスパゲティ
    ¥950(税込)
  • ホタテ・カレー
    ホタテ・カレー
    ¥780(税込)
  • ケーキセット (ドリンク付)
    ケーキセット (ドリンク付)
    ¥750(税込)
  • バニラソフトクリーム
    バニラソフトクリーム
    ¥360(税込)
  • パフェ
    パフェ
    ¥600(税込)

明るく開放感のあるカフェで、オムライス、キッシュ、パスタ、カレーのランチメニューやボリュームたっぷりのケーキセット、パフェ、ソフトクリームなどのスイーツをお楽しみください。

建物の歴史・特徴

札幌の表参道"北一条通り"に佇む歴史的建造物~北海道神宮へと続く札幌の表参道"北一条通り"で、大正15年から札幌市民に親しまれてきたこの建物は、札幌で最初の本格的な図書館「北海道庁立図書館」として建てられました。設計は北海道知事公館、北海道大学理学部本館なども手掛けた萩原淳正氏と、香川県で代々続く宮大工、久保田家の久保田金蔵氏等によるもの。摂政宮様(後の昭和天皇)の行啓記念として建てられた図書館は、昭和42年まで使用された後、北海道立美術館、北海道立三岸好太郎美術館、北海道立文書館別館と、札幌の発展に伴いその役割を変えてきました。柱が複数階の高さにまたがるジャイアントオーダーや、直線を用いた幾何学的意匠を特徴とするセセッション様式でデザインされた外壁や装飾、竣工当時のままの姿を留めるレリーフやアカンサスの飾りが施された旧玄関ホールなどは特に歴史的価値が高く、平成2年には「さっぽろ・ふるさと文化百選」にも選ばれています。

  • 建物の歴史・特徴 イメージ aa
  • 建物の歴史・特徴 イメージ bb
  • 建物の歴史・特徴 イメージ cc
  • 建物の歴史・特徴 イメージ dd
  • a. 北海道庁立図書館
  • b. 図書館内の様子
  • c. 旧玄関ホール
  • d. 旧正面玄関
  • ※a、bは北海道立図書館発行「道立図書館50年史」より
安藤忠雄氏からのメッセージ北菓楼札幌本館開店に寄せて

安藤忠雄氏 photo by 閑野欣次
安藤忠雄氏(photo by 閑野欣次)

▲旧文書館別館で模型の確認をする安藤忠雄氏
▲旧文書館別館で模型の確認をする安藤忠雄氏

1926年に北海道庁立図書館として建てられた道立文書館別館という歴史的建造物を保存しながら、新たに菓子店舗とする計画です。札幌を代表する道庁まわりの景観の一角をなす表通りに面する外壁と階段室を補強・保存して、後ろ側の部分は新しい建物に建て替えています。新たに建て替えられる店舗部分は、3階分の高さの吹抜けを持つ大空間となっており、この大空間にあたかも宙に浮くようにカフェスペースとなる2階の床を架け渡しています。その吹抜けに面して、保存されたレンガ壁全面を見ることができます。天井は細い柱に支えられた連続する白色の繊細なクロスヴォールトとなっていて、元のままに残された南に面する窓から差し込む柔らかな光の中、むき出しのレンガ壁の素材感と緊張感のある対比を見せています。

また、カフェスペースの東西の壁は、かつてここが図書館であったことを継承し全面を北海道の歴史とお菓子の本で埋め尽くされる本棚にしています。市民の皆さんに永らく親しまれてきたこの旧い佇まいを、"外"だけでなく"内"においても継承しながら、菓子店舗として、そして市民にとっての"サロン"となり得るような空間の実現を目指しました。2階のカフェスペースではミニコンサートなどイベントも行われます。北海道の歴史が息づくこの街の一角から、地域の未来へと向かう健やかな力が育まれていくことを期待しています。安藤忠雄(建築家)

数々の賞を受賞
北菓楼札幌本館は、2016年度「グッドデザイン賞」、平成28年度「北海道赤レンガ建築賞」、DSA日本空間デザイン賞、SDA賞、AACA賞、リデュース・リユース・リサイクル推進功労者表彰、資源循環技術・システム表彰、建設リサイクル技術展示会優秀賞等を受賞
メディア掲載情報

北菓楼札幌本館をご紹介いただいたメディアを御案内いたします(順不同)

[雑誌] Casa BRUTUS、日経アーキテクチュア、Pen、Forbes JAPAN、和楽
[WEBマガジン] SHIFT CITY CUIDE(WEB) [TV]フジテレビ「ノンストップ」、等 多数

  • 「Forbes JAPAN」
    6月号
  • 「CasaBRUTUS」
    11月号創刊200号記念号
  • 「CasaBRUTUS」
    12月号
  • 「婦人画報」7月号
    (札幌版)
  • 「婦人画報」7月号
    (北海道・東北版)
  • 「GA JAPAN」142号
    2016年9-10月号
  • 「Pen」
    7/15号
  • 「日経アーキテクチュア」
    11月10日号
  • 「SHIFT CITY GUIDE」
    Web
店舗情報・アクセス
北菓楼札幌本館(KITAKARO SAPPORO HONKAN)
住所
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西5丁目1-2
1F 店舗
10:00~19:00
2F カフェ
10:00~18:00(ラストオーダー 17:30) ※お食事は11:00~15:00迄
電話番号
0800-500-0318

※専用駐車場はございません。お車でお越しの際は、近隣の有料駐車場を御利用ください。
※札幌駅前通り地下歩行空間からもアクセス可能です。> 詳しくはこちら